第15期のスタートにあたり

リノバス(RENOVAS)ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

リノバスは今期で創業以来15回目のスタートを迎えることができました。平素より弊社を支えて下さるお客様や協力業者の方々、その他様々な形で弊社と関わっていただいているステークホルダーの皆さまのおかげであると理解しております。スタッフ一同を代表し、厚く御礼申し上げます。

前事業年度(14期)では、例年に引き続き弊社の主軸業務になっている各種システム開発、保守管理 、法人様向けホームページの新規制作やリニューアル、インターネット通販サイトの構築や運用サポート業務など、既存の業務を拡大するべく業務に取り組んでまいりました。またシステム開発部門では、前年に引き続き本当に数多くの案件依頼やご相談をいただきました。今後もお客様のご期待にお応えできるよう、今以上に力を入れて取り組んでまいります。

15回目の新事業年度、そして平成最後という節目の年をスタートするにあたり、リノバスは新たな取り組みにも積極的にチャレンジしてまいります。現在主体となっている受託制作(開発)という「受け身の業務」をメインとするスタイルから、今後は自社サービス事業やコンテンツ事業などを核とする、いわゆる「メーカー」としての収益が主体となる会社にシフトチェンジすることにより、リノバスの成長スピードを極限までアップさせることに注力してまいります。

本事業年度もお客さま目線に立った「状況に即した環境整備」や「新しいソリューションの提供」を通じ、お客様の利益や地域発展に貢献できるよう、スタッフ一丸となって日々の業務に取り組んでまいる所存です。引き続き皆さま方の変わらぬご愛顧を心よりお願い申し上げます。
(2018年10月1日)

株式会社リノバス
代表取締役社長 齋藤伸行