早急に常時SSL化対応を
ウェブ開設企業の新常識

貴社サイトと訪れるユーザーを守るコストパフォーマンスに優れたセキュリティ対策

保護された通信

常時SSL化とは

昨今のインターネット環境の変化により、ウェブサイトを開設し情報配信をする企業にとって、常時SSL化は避けて通れない時代が到来しました。これまではやり取りする機密情報のみ暗号化すれば大丈夫という認識が一般的でしたが、これでは安全性の確保は不十分です。お問い合わせフォームやショッピングカートエリアのみならず、サイト全域で暗号化通信(https://) を行い、利用者の閲覧行動も含めしっかり守ることで安全性を高め、企業としての信頼性を守ることにもつながります。

これまでの常識
これまでの常識では、機密情報だけをSSLで保護すれば良いというものでした。

サイト全域を暗号化保護
これからは常時SSL化し、ユーザセッションを開始から終了まで暗号化し、セッション乗っ取りからユーザーを守ることが重要です。

古い常識はもう通用しません
〜常時SSL導入の流れは加速しています〜

公共無線LANの充実
と安全ニーズの高まり

現在はFreeのWi-Fi環境が広がる中、専門的な知識を持たずとも通信傍受できるアプリケーションなどが登場しており、サイト運営者による一刻も早い対策(常時SSL化)が求められています。

SEO効果の確約と
導入サイトの増加

2014年8月に、Googleが「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と公式発表し、ウェブサイトを主戦場とする企業は足並みを揃えるように常時SSL化導入へ踏み切っています。

「HTTPは安全でない」
と表示するシステムへ

2017年1月Chrome、同3月FirefoxがHTTPサイトへの接続を”安全でない”と警告表示開始。今後ユーザーはHTTPサイトを危ないと感じる様になり、常時SSLに対応しないサイトは企業イメージの低下が懸念されます。

SSL証明書の低価格化

SSL証明書サービスの増加、用途に応じ証明レベルが選びやすくなり、低価格でSSL導入が可能な状況となっています。またhttp, httpsが混在するサイトよりも常時SSL化したサイトの方が運用管理がしやすいのも事実です。

サイト表示速度の向上

以前は暗号化により、サーバ、ブラウザとも負荷がかかり表示速度が遅いと言われていました。しかし昨今対応が進むHTTP/2通信によって、従来のHTTP1.1よりも高速な通信が可能になることがわかっています。

企業サイトの常時SSL化
は待ったなしの状況に

2017年に入り、一般的なサイト運営者(社)が、自らのサイトで「保護されていない通信」を目の当たりにし、お客様から同様の質問を受ける機会が増加し、セキュリティ強化策としての常時SSL化を進める状況になっています。

あなたのサイトが、ブラウザに「安全でないサイト」と、既に表示されています。 お客様に「このサイト危ないからやめとこう」と認識されてしまう前に、 [常時SSL化対応]を進めましょう!!

常時SSL化対応の進め方

01. SSL証明書を選ぶ

SSL証明書には、年間1,000円程度で済むものから20万円以上掛かるものまでピンからキリまで有ります。企業であれば、企業認証が必要と考えてしまいがちですが、用途によってはドメイン認証で十分な場合もあると思います。まずは実務の安全性確保を目的とするならば、ドメイン認証からでも十分ですし、ECサイトや個人情報を扱う会員制サイトなどを運営し、ユーザーを偽サイトによる被害などから未然に防ぎたいのであれば、企業認証・EV認証を選択するべきです。
どれを選ぶべきかお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

ドメイン認証
(認証レベル1)
企業認証
(認証レベル2)
EV認証
(認証レベル3)
暗号化通信
ドメインの
所有権確認
組織の
実在証明
×
フィッシング
詐欺対策
×
発行対象 個人・法人 法人 法人
用途 店舗サイト、企業サイト、イントラネットなど。 ECサイト、会員制サイトなど。 ECサイト、会員制サイト、企業サイトなど。
価格帯 年額1,000円〜 年額4万円前後〜 年額5万円前後〜

02. SSL証明書のインストール

どのSSL証明書を購入するかが決まりましたら、次はウェブサーバーへの証明書のインストールが必要です。弊社提供中のサーバーであれば、どのSSL証明書でも購入代行手数料を含め、一律15,000円※にて、インストール作業をお引き受け致します。

※証明書の購入を弊社で代行した場合。お客様でSSL証明書を事前購入されてしまいますと、インストール作業が複雑化するため、別途作業費がかかります。
※お客様の自前サーバーの場合は、インストール出来る証明書が限られている場合がございます。購入に関するサポート、インストール作業のサポートは別途お見積とさせていただきます。

03. ウェブサイトへの適応

証明書のサーバーへのインストールが完了後、ウェブサイトのhttps化対応を行います。

  1. URL自動転送(http://でのアクセスを強制的にhttps://へ) (ページ内に画像一つでもhttp://リンクがあれば、警告が出てしまいます)
  2. サイトコンテンツ内に記載されたhttp://記述の全変更。
  3. サイト全ページの表示チェック/フォームプログラムの稼働チェック
  4. Google Search Consoleへの再登録

などを行います。

※常時SSL化を行うサイトの規模、旧コンテンツの作成状況により作業工数は変動しますので、事前調査・お見積を行わせていただきます。

貴社サイトの常時SSL化、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの場合は、下記お電話番号までお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

貴社サイトの常時SSL化についてご相談等ございましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。※は必須項目です。

下記内容をご確認ください。こちらの内容でよろしければ『上記内容で送信する』ボタンを押して送信を完了してください。

メールの送信が完了いたしました。この度はお問い合わせいただきありがとうございました。

お名前※
企業・団体名※
メール※
電話番号※
サイトURL※
内容詳細※

当社の個人情報保護方針および個人情報の取り扱いについて