えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック

RaspberryPi3 B+にカメラを接続してみた!


現在、「カラー図解 Raspberry Piではじめる機械学習 基礎からディープラーニングまで (ブルーバックス)」を読んでいます。

「第7章 コンピュータとじゃんけん勝負をしよう」のジャンケンシステムを試したいと思いRaspberry Pi3 B+にカメラモジュールを接続しました。

カメラモジュールについて

下記、カメラモジュールをAmazonで購入しました。

HiLetgo OV5647 5MP Raspberry Pi 3 カメラ OV5647 HDカメラモジュール Raspberry Pi に対応 A/B+/2 モデルB ケーブル

*カメラモジュールの仕様
・センサータイプ:OV5647色CMOS QSXGA (5メガピクセル)
・センサーサイズ:3.67*2.74mm(1/4インチフォーマット)
・ピクセル計算:2592*1944
・ピクセルサイズ:1.4*1.4μm
・レンズ:f=3.6 mm、f/2.9

RaspberryPi3 B+とカメラモジュールの接続

RaspberryPi3 B+とカメラモジュールは、フレキシブルケーブルで専用バス(MIPI CSI-2)に接続し、カメラの撮影データをダイレクトにメモリに転送しています。基板の中央部にあるカメラコネクタの両脇のツメを引き上げ、銀色の配線むき出し部分が HDMI コネクタ部分を向くように差し込みカメラコネクタの両脇のツメを押し下げてケーブルを固定します。フレキシブルケーブルをRaspberryPi3 B+に接続した画像を画像1に示します。

画像1 RaspberryPi3 B+とカメラモジュールの接続

RaspberryPi3 B+へカメラモジュールのインストール方法

カメラモジュールのインストールは、RaspberryPi3 B+のデスクトップGUI「PIXEL」を使用します。PIXELの画面で「Menu → 設定 → Raspberry Pi」と選択し、表示されたダイアログのインタフェースタブを選択して表示されたカメラの項目を、「有効」にします

カメラモジュールの接続および動作を確認します。

  1. 静止画の動作を確認
  2. ・raspistillコマンドで静止画を取得します。静止画「image.jpg 」が保存されます。

      $ raspistill -o image.jpg

    ・取得した静止画を次のgpicviewコマンドで表示させます。

      $ gpicview image.jpg

    *動作確認の参考画像

  3. 動画の動作を確認
  4. ・動画を撮影してみます。

      $ raspivid -o tmp.h264

    ・動画を再生します。

      $ omxplayer tmp.h264

まとめ

デジタルサイネージは、映像による電子看板・掲示板という一方向の表示機能を有していますが、双方向での利用としてのデジタルサイネージを考えたいと思い、カメラモジュールを接続しました。
デジタルサイネージの双方向利用案とし

  • 個人を特定して、個人に合った商品のプレゼンテーションを行う。
  • 既存・新規客を特定し、購買・顧客管理に利用する。
  • じゃんけんゲームなどのゲームによるクーポンの発行を行う。

等、RaspberryPiの利用によってデジタルサイネージの双方向利用について考えてみたいと思います。

このシリーズの記事

第1回  ラズベリーパイとデジタルサイネージのおいしい関係
第2回  ラズベリーパイを試食してみた!
第3回  ラズベリーパイ3B+が届きました!
第4回  RaspberryPi3 B+でサイネージの連続運転をやってみた!

えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック