そのWebサイト、育ってますか?アクセス解析の重要性

こんにちは!リノバス営業部ディレクターの岡田です。
今日はアクセス解析についてのお話を少ししてみようかなと思いますので、よろしければ少しお付き合いくださいm(_ _)m

Webサイトを「活かす」ために

弊社では、これまでにたくさんのWebサイトの新規立上げやリニューアルをさせていただきました。

ご依頼いただくお客様により企業としてのビジョンや提供サービスなども異なるのでWebサイトのデザインや表現なども様々ですが、どのお客様も気持ちは同じ。
それは「Webサイトを活用して何らかの成果を上げたい!」ということです。

しかし、ただWebサイトを作っただけでは期待している成果を上げることは大変厳しいのが現状です。
仮に反響があったとしても、何がどう影響しているのか、一時的なものなのか今後もその水準を保てそうなのか。未対策のままではきっと分からないことだらけだと思います。

前回、営業部主任の宮﨑が執筆した記事「Webサイトを活かして営業活動を効率化しよう。その2」でもPDCAサイクルを回すことの重要性に触れていますが、この効果測定がとても重要なんです。
何が足りていないのか・何が効果があったのかが把握できていれば次にするべきアクションが明確になるため、改善を繰り返すことでWebサイトの存在価値がグングンと高まっていくでしょう。

では、どのようにWebサイトの実績を把握すればいいのか。
そんな時に役に立つのが「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクスとは

Googleの提供するサービス「Googleアナリティクス」は、Web制作についての知識がある方々にとっては言わずと知れたWeb解析ツールです。
Webサイトにトラッキングコードを設置することで、アクセス解析を行うことができます。

Googleアナリティクスを利用することで何ができるのかを簡単にまとめると、

  • サイトにどれだけの人がアクセスしたか
  • どのページがよく見られているか
  • スマホからのアクセスの割合はどのくらいか
  • どの地域からのアクセスが多いか
  • どんなキーワードで検索されているか

他にもたくさんありますが、上記のようにWebサイト上で起こっていることはほぼ洗いだすことができてしまいます。

Webサイトは公開後がスタート地点!

話を少し戻しますと、Webサイトは公開することがゴールではありません。
私は、お客様とWebサイト制作についてお話しする時には「公開したWebサイトは“育てていく”もの」とお伝えしています。

インターネットの世界に土地を確保し、そこにWebサイトというショールームを作ると例えます。
お客さんはどこからやってくるのか、来てくれたお客様へどうおもてなししたらいいか、どの部屋が人気なのか、つまらないと感じて出て行ってしまうお客さんはいないだろうか。
インターネットは仮想空間です。現実世界の実店舗のように目で追いかけることができないため、こういった情報はきっと気になると思います。

そういった疑問を解決するためには、効果測定に必要な根拠となる数値が必要です。
そんな時にこそ、アナリティクスの解析結果を分析し、改善点を導き出せばいいんです。

弊社では「Wordpress」という拡張性に優れた構築システムを使うことでWebサイトを制作しているため、改装や機能追加も柔軟に対応できます。
ですので、アクセス解析をして「なるほど〜」と納得するだけではなく、そのヒントを元にWebサイトを育てていくということが重要なのだと考えています。

リノバスが実践していること

弊社では、Webサイトを納品して終わりにすることはなく、公開後には定期的にアクセス解析を行い、お客様に更なるアクセス増のための施策を考案させていただく運用サポートなども行っております。

実際に最近の制作を担当させていただいた案件でも、まずアクセス解析をしっかり行い、改善点を明確にしてからリニューアル制作を行うことで、アクセスの平均値がリニューアル前に比べ1.5〜2倍近くまで上昇したという実例もありました。

せっかく作ったWebサイトですから、しっかりと機能し成果としてお客様の力になるように願うのは、お客様だけでなく弊社も同じです。
公開時になかなか成果が生まれなかったとしても、原因を追求し改善を続けていけば、きっと活路は拓けると思っています。

これからWebサイトを作ってみたいと考えている方、今のWebサイトに疑問がある方がいらっしゃいましたら、お客様のニーズに合わせた最良の提案をさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください(^^)