これは便利!Google Data Studioを活用してみる

Webサイトのアクセス解析ツールとしてもはや必須の「Googleアナリティクス」。

リノバスでも、これまでに実に多くのWebサイトを制作させていただきましたが、それぞれのWebサイトにアクセス解析を行うことでPDCAサイクルを回し、更なる改善点の起案に活用しています。

お客様のもとへお伺いする際も、事前にGoogleアナリティクスによって解析したデータからレポートを作成し、Webサイトの「現在の状況」と「これからの施策」についてのお話をすることが多いのですが、そのような解析データを把握するためには、解析した数値の“可視化”が必要です。

もちろん、Googleアナリティクスの画面上でも可視化は可能。
しかし、その画面を日々見ている私たちは把握できたとしても、お客様にそのまま見せてしまうと「?」ということになってしまうこともあるかと思うので、レポート形式にまとめる作業が必要でした。

そこで今回注目したいのが、Google社の提供する「Google Data Studio」というサービス。
さっそく調べてみました。

そもそも「Google Data Studio」って何?

まずざっくりまとめると、Google Data Studioは「データの可視化・レポート作成ツール」です。

前途のGoogleアナリティクスによる解析データだけでなく、AdWordsの出稿データ、Google スプレッドシートなどと連携し、データを引用することで、1つの画面上に様々な値のグラフ描写が可能。
また、外部連携できるデータソースはこれらにとどまらず、YouTubeアナリティクス・MySQL・BigQueryなどとの紐付けも可能で、とてもカンタンにデータの可視化ができてしまうという優れモノ。

これまでは、Googleアナリティクスの設定でカスタムレポート機能などを活用し、データを可視化することでレポートを作成していましたが、Google Data Studioを使うことでこれらの可視化がもっとカンタンに、もっと見やすく、レポート形式でアウトプットできてしまうのです。これは気になります…!

しかし、ここで誤解なく覚えておきたいのが「自動解析ツール」ではないということ。
あくまでも連携サービス上のデータを可視化するもので、データソースをもとに自動的に値をグラフ化してくれますが、「答え」を示してくれるわけではありません。
それでも、驚くほどカンタン・スムーズにレポートが作成できるのは大きなメリットだと思いませんか?知れば知るほど触ってみたくなるので、実際に利用してみました!

実際に操作してみる

まずはホーム画面でテンプレートを選択します。
今回は「新しいレポート」を選択。

レポートを作成するデータソースを選びます。
Googleアナリティクスのレポートを作成すると仮定し、サイト情報を外部連携先として選択しました。

データソースを選ぶと、方眼の白紙画面が表示されました!
たったこれだけのステップでレポート作成の準備は完了です。とってもスムーズ!

あとは、ツールバーからグラフを選択し、データソースの値をグラフ化していきます。
試しに、期間グラフを選択し方眼の上で範囲選択すると、一瞬で数値がグラフ化されました!
表示されたデータは、右側のプロパティから引用先データソースや項目の選択ができます。
今回シミュレーションなので数値は伏せさせていただきます(^^;)

あとは、グラフ形式(表も可)を選択し、任意の場所へグラフを置いていくだけです。
もちろん集計期間の選択もカンタンにできました!

たったこれだけで、視認性の良いレポートがサクッと出来上がってしまいました。スゴイ。
フィルタ機能もあるので、条件に応じて絞り込んだデータを表示することもできます。

まとめ

上記のように「Googleデータスタジオ」の正体は、グラフを使用した分かりやすいレポートがスムーズにできるというものでした。
これでまだβ版ということなので今後更に実装される新機能もあるのかもしれませんし、なんせ現時点では「無料」なので使い倒しがいがありますね(^^)

僕個人としても、このような新たなサービスには積極的に触れ、お客様とのコミュニケーションを円滑にするためにどんどん活用してみようと思います。
今回はGoogleアナリティクスのデータを引用しましたが、他にも様々なサービスとの連携が可能ということで、次回はその他の事例や取り組みなどをご紹介してみたいと思います。