えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック

「楽天ペイ」導入って 何をすればいいの? 〜楽天市場店の場合の準備と注意点〜


楽天出店者ですでに導入されている店舗様もありますが
順次導入のお知らせが届いているかと思います。
今回は楽天ペイについての内容と、導入に伴い必要になってくる作業を簡単に説明しますね!

まず、「楽天ペイ」が何なのかというと
楽天全ショップの決済方法が統一され、
対応クオリティの均質化のために楽天市場が決済業務を代行するシステムとなっています。

また、楽天ペイは導入を選択できるものでなく
全店舗に順次導入予定となっています。(※導入時期については店舗によります)
なので、楽天に出店している方は必ずお知らせに目を通しておきましょう。

楽天ペイ導入で変更になる部分

基本的には「受注処理の手順」「料金」に変更点があります。
受注処理の流れが変わるので担当者には必ず共有をしておきましょう。
また、受注処理に関しての詳しい説明はお知らせページにて動画で紹介されているので
そちらをチェックしてくださいね。
https://daigaku.rms.rakuten.co.jp/rmsapp/watch/40200
※RMSログイン後にご確認ください。

また、料金に関しては
導入したい決済方法と平均決済単価や月間決算高によって楽天ペイの利用料が変わり
店舗によってコストアップする場合もあるので、
支払い方法を追加する場合は注意が必要です。
ただ、入金確認等の業務が減るのと
決済周りの問い合わせはすべて楽天側での対応となるので作業負担が減ります。

楽天ペイ導入にあたってやるべきこと

担当者が事前に受注システムを確認しておこう

業務フローが変わってくるので受注作業を担当している方は必ず把握しておき
実際導入されたときに混乱しないよう対策が必要です。

変更になる支払い方法を把握しておこう

楽天ペイ導入にあたって必須になる支払い方法が

  • クレジットカード決済(一括払い、リボ払い、分割払い)
  • 銀行振込
  • Apple Pay
  • セブンイレブン(前払)
  • ローソン、郵便局ATM等(前払)

となり、以下の6通りが選択制の支払い方法となります。

  • 代金引換
  • 後払い
  • ショッピングクレジット/ローン
  • オートローン
  • リース
  • 請求書払い

導入前と支払い方法が変わる可能性もあるので、
店舗側で作成したお買い物ガイドページやメールのテンプレート等も修正が必要になります。
また、口座等も変更になるのでこちらの記載も変更しましょう。

必要があればお客様に告知をしておこう

支払い方法等が変更になる場合は事前にお客様向けにお知らせをしておくと
トラブルを少なく抑えることができます。

ざっくり挙げると以上のことが必要になってきます。
導入されたばかりでまだまだ問題点の部分も不明瞭な部分がありますが、
今回ご紹介したのは一部分となりますので
詳しい内容はRMS内の紹介ページやお知らせメールにも記載があるので
事前に心構えができるようにしておきましょうね!

えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック