えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック

コピペだけで実装出来る!WordPress固定ページ本文に投稿一覧を出力するショートコード

wpロゴ

『固定ページの本文中に投稿一覧を出力』したい!

そんな時にコピペで使えるショートコード

実際の制作業務の中で私がよく遭遇するケース『固定ページの本文中に投稿一覧を出力』したい!

といったケース。

出力結果

↑こんな感じの出力をしたい!

だけどWordPressは管理画面での入力(投稿・固定ページの編集)にphpプログラムを直接入力することができません。
これにはセキュリティ上の問題があるようです。

ではどういう処理をするのか。。。

ショートコードを作成し設置する!です

ショートコードの設置方法

functions.phpに関数を定義し、作成したショートコードを管理画面(投稿・固定ページの編集)の本文中の任意の箇所に記述します。

ではでは、実際のコード例をご紹介します。

まずはfunctions.phpに以下のようなコードを記述します。

add_shortcodeがショートコードを定義する関数です。

第1引数にショートコードの名前、第2引数に実行する関数が入ります。
今回の例だと「postoutput」がショートコードの名前(第1引数)になり、「postoutput_shortcode」が実行する関数(第2引数)になります。

定義しショートコードを管理画面(投稿・固定ページの編集)の本文中投稿一覧を出力したい場所に↓↓を記述します。
[postoutput post_type=’post’ limit=’-1′ orderby=’date’ order=’DESC’ date_format=’Y/m/d’]

上記の例だと[‘投稿’を’全件”日付’で’昇順’に’/’区切り]で表示するショートコードです。

管理画面(投稿・固定ページの編集)の本文中投稿一覧を出力したい場所にショートコードの引数(”内)の値を変更して記述することもできます。

固定ページキャプチャ

↑これはショートコードの変数を投稿を10件「年月日」で出力と言うようにしたい場合の例です。

一つのショートコードであらゆる箇所に投稿一覧を表示できてとっても便利です!

またこれ以外にも方法はありますが、それはまた追々記事にしていけたらいいなと思います。

とはいえ、最初の頃はfunctions.phpと聞くだけでアレルギー反応を起こしていましたw
書き方をちょっと間違えると動かなくなってしまいますからね。。。
動かなくなった画面を見てパニックを起こすことはしょっちゅうw
それでも今ではショートコードはとても便利で重宝しています。
この記事を書きながら自分の成長を感じました!

WordPressのクラスであるWP_Queryはサイト内の全ページの中から任意の条件を設定して記事の取得をする時に使います。
カスタム投稿タイプの一覧を取得したい!なんて時にWP_Queryが登場します。
私も実際の業務の中でほぼほぼ毎回使用しているのではないかと思います。
次回はのWP_Queryの使用方法について自分の復習も兼ねてご紹介したいと思います!

えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック