えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック

Webデザインをするのに、「Photoshop・Illustrator・Adobe XD」どれがいいのでしょうか?

リノバス制作部の小林です。

Webデザインをする際に、Photoshop・Illustratorのどちらを使えばいいのか悩んだことがある方は多いと思います。最近では、Adobe XDやSketchなどのソフトも増えてきて、何を基準に選べばいいのかわからなく、迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。

実際に自分自身も、デザインを始めた頃は、PhotoshopかIllustratorのどちらを選ぼうか迷っていました。結局Photoshopを選びWebデザインを行なってきましたが、最近では、Adobe XDでWebデザインをするようになってきました。

今回の記事では、実際に使ってきた、Photoshop・Illustrator・Adobe XDの3種類について、特徴を書いていきたいと思います。

Photoshopの特徴

Photoshopは、写真の補正や合成、加工などに優れています。画像には2つの種類があり、Photoshopは「ビットマップ画像」という、点の集まりで作られた画像を処理することに優れています。

Photoshopの利点としては、写真に対して優秀なことだと思います。

Webデザインをする際に、写真を絶対に使用すると思いますが、その際にPhotoshopであれば、明度や彩度などの修正はもちろん、加工や合成もできるので、Webデザインの時点である程度素材が作り込めるので、スムーズにコーディングに移れると感じました。

Illustratorの特徴

Illustratorの特徴は、「ベクトル画像」という種類を扱うのに優れています。「ベクトル画像」は縮小と拡大を繰り返しても画質が落ちないという特徴があります。

それなので、ロゴのデザインや、キャラクター、印刷物を制作する際に使用されています。

Illustratorの利点としては、アートボード外でも素材を置いたり、テキストを書いたり、図を書いたりすることが可能です。Photoshopではアートボード(カンバス)外での作業ができないので、この機能は非常に優秀だと感じます。

Adobe XDの特徴

最近ウェブ業界の色々な方のブログなどで、Adobe XDを絶賛している記事をよく拝見します。その影響で、Adobe XDに乗り換えられた方は多いのではないでしょうか?もちろん自分もそのうちの一人です!

Adobe XDを使ってみていいなと感じたところは、なによりも『軽い』ということです!ソフトを立ち上げる速度は、PhotoshopやIllustratorの半分の速度で立ち上がる気がします!

デザインを作っていく中でも、操作やアートボードなどがシンプルで非常に簡単に扱うことができます。

Adobe XDの最大の強みとしては、実際のWebサイトのように画面遷移ができることが強みだと感じています!実際に画面遷移することにより、ユーザービリティを考えやすく、クライアント側でもイメージがつかみやすく、スピーディーにWebサイトを作成できるようになるのではないでしょうか。

Adobe XDだけでは、素材の作り込みなどがまだまだできないと感じるので、これからのアップデートに期待をしています。

まとめ

ざっくりとですが、3つのソフトの特徴を書いてみました。

結論から言いますと、Webデザインをする際に、どのソフトを使っても間違いではないということです!自分が使ってみて、一番使いやすいものがいいと思います。

ただ、それぞれに長所短所がありますので、作業ごとにソフトを使い分けていくことが一番いいと思います。

そのうちAdobe XDがアップデートされもっと作り込みなどができるようになれば、Adobe XD一択になってくると思います。

えっ!?まだスマホで見にくいんですか?スマホ最適化リノバスなら標準仕様です。ウェブ制作会社にお困りなら今すぐチェック